header image

ケルンで開催されたライフプラス基金募金運動ウィークエンドにおいて 14 万 0,624 ユーロの募金が集まりました!

crops being grown at a sand dam
ライフプラス基金の熱心なサポーターの皆様による年間を通じた募金活動のおかげで、当基金は安全な水が得られない地域に向けた、温暖化防止に役立つ継続的な水資源ソリューションへの資金調達および監視を続けることができています。喜ばしいことに、ケニア農村部のもう 1 ヵ所の地域に水を届けるという 2017 年度の目標は大きく上回ることができました。ドイツのケルンで実施されたライフプラス基金募金運動ウィークエンドの結果、1 ヵ所ではなく、計 3 ヵ所の地域で、日常生活に必要な水が利用できるようになります。これはつまり、安全な飲み水、信頼できる食品、そして健康的な生活が手に入るということです。  子どもたちは、何時間もかけて危険を伴う水汲みに行く必要がなくなり、学校へ通えるようになります。具体的には、砂ダム 3 基、隣接する 3 ヵ所の共同井戸、10 万 4,000 立法メートルの雨水貯留システムと手洗い施設を備えた 3 つの学校の建設資金が集まり、現在作業が進められています。これらの共同体は、私たちの既存の水資源プロジェクトと同じ地域内にあります。つまり、ライフプラス基金は、ケニア南東部の特定の地域に確実にプラスの変化をもたらしていることになります。

数千名もの人々の生活を変革し、彼らが自身の可能性を発揮するチャンスを与えていただきましたことに感謝いたします。これらプロジェクトの進行状況および影響については、今後も随時ご報告いたします。